Just another Ex5.biz weblog
<

幼児になると自治体で歯科検診などがあって歯並びをチェックする機会があります。
うちの子も歯が生えそろってきたころから、歯並びが気になっていました。

幼児のうちから歯並びが悪いと、永久歯になってからも歯並びが悪く、ゆくゆくは歯列矯正をしなくてはいけなくなるのでは?と思っていたので歯科検診で歯科医に歯並びについて相談しました。

うちの子は上の歯はそれなりにきれいなのですが、下の歯が前後にがたがたで、とある歯は、2本が1本にくっついているような状態でした。

かみ合わせも、一部が下の歯のほうが上の歯よりもでているというような状況で、ちゃんとモノがかめているかも心配でした。

歯科医に相談すると、幼児の歯並びは、これで決定ではないということ。
2本の歯が1本にくっついているようにみえる、こういう歯は幼児ではたまにみられるもので奇形などではないということ。

上の歯と下の歯のかみ合わせ、下の歯が出ている、という場合は舌癖もあるから、1日に1回、アイスの棒のようなもので上の前歯の裏をぎゅぎゅっと押し出すといいですよ、とアドバイスをうけました。

幼児の歯並びが一生続くというわけではないということ、幼児からの歯列矯正をあせってすることはないという見解にほっとしました。

ただ、幼児の歯並びが悪いと、歯に物が詰まりやすくなったり、歯磨きがうまくできないことがあるので、親がしっかりと仕上げ磨きをしてあげることが大切のようです。

これからは定期的に歯医者に通い、虫歯と歯並びをチェックしてもらうと同時に、今後の歯列矯正の時期を見ていくことになりました。

うちの子の場合、アゴが小さいため、結果的に歯列矯正自体は必要になってしまうようです・・・

[PR] 那覇ビーチサイドホテル アメニティ ホテルブライオン那覇 口コミ GRGホテル那覇 じゃらん 沖縄 ピンクマーリンクラブ ホテルイーストチャイナシー 口コミ 犬と泊まれる宿 長野 大阪駅周辺ホテル 湯布院ユウベルホテル じゃらん 草津温泉 奈良屋 宿泊予約 登別温泉 まほろば 口コミ

6月 13th, 2012 at 11:49 PM


コメントは受け付けていません。