Just another Ex5.biz weblog
<

法事の時はマナーを守り、
きちんとした服装で出席したいものです。

仏式の法事のときの服装は、初七日、四十九日、
一周忌までは喪服、それ以降は段々と略式化していきます。

三回忌以降は普段着でいい、というわけではありません。

法事法要の場に、ジーンズにトレーナー、
肌を露出したワンピースなどの服装で出席するのはマナー違反ですし、
故人に対しても失礼になります。

あくまでも法事ですから、きちんとマナーを守った服装で出席しましょう。

三回忌以降の法事の服装は平服でかまいませんが、
地味なものを選びましょう。

男性ならジャケットに白いシャツ、女性なら地味な色合いで、
デザインも肌を露出しないようなワンピースやスーツを選びましょう。

小物も派手なアクセサリーや動物の毛皮などは避けます。
また、化粧も身だしなみ程度にして香水はつけないほうが無難です。

女性の場合、法事の時に手伝いで色々と動くことがあるかと思います。

今は法事仕様のエプロンセットなどもありますから、
そういうものをうまく活用するといいでしょう。

また、子供も法事の時はきちんとした服装をさせましょう。
学生ならば学校の制服を着せます。

中学生以下の子どもで、制服がない場合、
男の子なら紺・グレーのジャケットに地味な色のズボン+白いシャツ、
女の子なら地味な色のワンピース、
または白いシャツ+地味な色のスカートを選びましょう。

法事の時には、こういう服装をするのがマナーですよ、
と教える機会にもなりますから、
子どもの服装にもきちんと気を配れるといいですね。

法事の服装で迷う時には、親戚に相談しましょう。
服装に格差があるのは失礼になりますので、その点も注意しましょう。

[PR] ホテルグランビューガーデン沖縄 プチリゾート古宇利島 口コミ 沖縄 カフーリゾートフチャク ゲストハウス沖縄物語 じゃらん ペンション遊民 群星苑 登別 客室露天風呂 じゃらん 草津温泉にある湯治の宿に宿泊予約 別府温泉 悠彩の宿 望海 口コミ 道後温泉ホテルルナパーク 黒川温泉 帆山亭 じゃらん

9月 17th, 2012 at 4:28 PM


コメントは受け付けていません。