Just another Ex5.biz weblog
<

ディズニー映画のDVD、ウォーリー見ました!
ちょっとネタばれになりますのでご注意!!!

ディズニー映画には珍しく、
ウォーリーは社会風刺をした物語でした。
前半のせりふの少なさも印象的でした。

700年間一人で地球の掃除をし続けているウォーリーは、
人間が残した産物をごみとしてかき集める一方、
ウォーリーが気に入ったものを宝物として集める日々を送っている。。

ここでのシーンが一見ビルに見える建物が実はごみの山だったりして、
今のごみ問題を象徴しているようでした。

このまま何の対策も施さないでいれば、必ずこうなるんだろうなぁ、
って思ったらすごく怖くなりました。

人間が絶滅したかと思えば、実は大型宇宙船で宇宙に非難していて、
700年間ハイテクのお世話になっている人間の姿は、
自力で歩けなくなっていて、チョーメタボな身体になっているし、
固形物が食べられなくなって流動食だし、バーチャルな世界の話
なんだけど、半分リアルじゃん!と思いましたよ。

最終的にはロボットに人として、
動物としての感動を教わることになるんですよ。

便利な世の中に甘んじているとこうなるんだよ!
っていわれているような気がしました。

最後のエンドロールがまた面白くて、
人類が進化していく過程を描いているんですが、
それもまた、人が便利さだけを追い求めていくと、
何万年もかけて遺伝子に記憶してきた、
決して忘れてはいけないことを、
本当に忘れてしまうのかな?って。

そしてまた、1からはじめなければならなくなるのかな?って。

でも映画ウォーリーはファンタジーの世界だから、
ホントにこうなるわけではなにと思うけど、
今いろんな環境問題、社会問題がある中で、
ディズニー流のメッセージなのかもしれません。

[PR] ハウスオブローゼ マイセンシュア 顔のくすみをとる ラサーナ アロマバスソルト オンリーミネラル 成分 時の栖 イルミネーション 2012 ライスフォース ディープモイスチュア 高島屋 ランドセル 2013 運動しないダイエット INGNI 福袋 2013 予約

11月 16th, 2012 at 3:03 PM and tagged ,


コメントは受け付けていません。